W理にかなったスイングは美しいW W根拠無きナイスショットは続かないW
Top page Profile Gear Result Lesson Blog DVD Taichi's
Swing
Mail

1/2page >> 2/2page >> 購入 >> 感想


近藤多一のゴルフスイングコーチング on DVD


W根拠無きナイスショットは続かないW



―レッスンDVDを作成するにあたってー


練習場で次のような声を聞きます。

「○○プロの様に真似をして打っているつもりなのに・・」

「レッスン書やゴルフ雑誌を読んで、その通り行っているはずなのに・・」

「この前出来たことが今日は・・」

「どれだけ練習しても全然上達しない・・」

その様な声が聞こえてくるたびに心の中で、そこの体の使い方が間違っている、

その練習方法では・・と思いつつも一生懸命練習なさっている方々に

差し出がましく口を出すことは出来ず、歯がゆい思いをしてきました。


誰だって自分が信じていることをいきなり否定されたらいい気はしませんから・・


それでもやっぱり一人でも多くの人に美しく理にかなったスイングを身に付けてもらい、

もっとゴルフを楽しんでもらいたい。

しかし、個別にレッスンするのでは体がいくつあっても・・・

そこで今回レッスンDVDを作りました。

以前から雑誌やレッスンビデオ等を見かける度になぜこういう表現をするのか?

なぜあの事を書かないのか?と疑問に感じることがたくさんありました。

結局は商売なのです・・・

肝心な体の使い方、筋肉の使い方にはあまりふれず、「左肘を曲げてはならない」

「頭を動かしてはならない」「右から左へ体重移動をしなければならない」等、

体を使った結果の形の部分ばかり説明しているのを多く見かけます。


スイングを理解し正しい体の使い方が出来ている一部のゴルファーには、

これはこれでチェックの意味合いで役に立ちますが、スイングを理解せずに

漠然と練習し感覚だけに頼っている多くのゴルファーには役に立つどころか

逆に上達を妨げることにもなりかねないのです。


正しい体の使い方をしていれば、頭は動いていないように見えるし、

左肘もあまり曲がりませんし、体重移動なんて勝手に起きてしまいます。

こんな事を書くとちょっと知識のある方から「プロの中には左肘が曲がって

いるプロもいるし、頭が大きく動いているプロもいるじゃないか?!」

と言われるかもしれませんね。確かに正しいインパクトが再現できれば

どのような打ち方でもいいと思っています。


しかしこうも思っています、
W理にかなっているスイングは美しいW


ゴルフは確率のスポーツ、正しいアドレスから正しい体の使い方があれば

正確なインパクトが高い確率で再現できるのです。

DVDを通して美しいスイングを身につけ、そのスイングを武器にゴルフ

という戦略性の高いスポーツの真の魅力を体験していただきたいと思います。


               
 次へ



1/2page >> 2/2page >> 購入 >> 感想

当サイトへはリンクフリーですが、リンクする際にはメールでご一報下さい。

Copyright (C) 2007 tk562salon All rights reserved.