W理にかなったスイングは美しいW W根拠無きナイスショットは続かないW
Top page Profile Gear Result Lesson Blog DVD Taichi's
Swing
Mail

1/2page << 2/2page >> 購入 >> 感想


近藤多一のゴルフスイングコーチング on DVD


−基礎編完成!−


最初に断っておきますが、基礎編と言っても全くの初心者さんには少し難しいというか、

観ても今ひとつピンとこない内容かもしれません。

しかし、ある程度練習を積み伸び悩んでいるゴルファーのみなさんには

目から鱗の内容だと自負しております。

では、簡単ですが内容を説明したいと思います。


正確なインパクトを実現するためにまず始めに何が必要か?




そう、正しいアドレスです。



ゴルフにおける球筋はインパクトの瞬間で決まりますが、スイングは

切り返しの瞬間まででほとんど決まってしまいます。

言い換えれば意識的に行えるのは切り返しまでで、それ以降は速過ぎて

コントロールできる余地はほとんどありません。

それなのにインパクトでは手を返すとか返さないとか、右手で叩くとかインパクト

前後の動きばかり気にして練習している方のなんと多いことでしょうか・・・

これは手先ほど感覚が鋭いためにナイスショットをした時に手の感触が一番印象に

残るのが原因かもしれません。


いかにもインパクトで何かした様な錯覚を起こしてしまうのです。


そしてそれを再現するために手の感覚を頼りに試行錯誤するのです。

その結果出来上がるのが、よく見かける手の感覚に頼った手打ちで、

再現性の低いスイングなのです・・・


ちなみにインパクトで何かしらの操作を必要とするという事はアドレスが

間違っている可能性が大です。


正しいアドレスとは、正しいバックスイング、正しい切り返しを行えばその後は

何も操作することなく正しいインパクトを迎えられるアドレスの事です。


俗に言う「インパクトはアドレスの再現、アドレスはインパクトの再現」というのは

この様な意味合いがあるのです。

しかし、残念ながら上達しない多くの方はアドレスの練習をしたりこまめに

チェックをする事をしていません。

プロ、アマ関係無く練習しだいで修得できる唯一のポイントなのに・・

プロは当然ですが、常にアドレスを確認し、ミスの原因をアドレスから探っていきます。


そこで、基礎編ではまず正しいアドレスの作り方を身に付けてもらい、それに関連して

多くの方が勘違いされている股関節の使い方を理解してもらいます。

股関節の正しい使い方はアドレスで作った前傾を維持し、軸を意識したスイングを

身に付ける為には必須ですし、この正しい使い方をマスターすると、方向性と安定性が

格段にあがっていきます。

また、腰を回すという表現の落とし穴にも気付かれる事だと思います。

さらに、イメージとしてスイング全体の流れと大まかな体の使い方をつかんでもらい、

最後にスイングプレーンについて理解してもらいます。これで基礎編は終わりですが、

何事も基礎が一番大切です。

次回はゴルフスイングにおいてもっとも難しい切り返しをメインに、

実際に球を打ちながらのドリルを紹介していく予定ですので、

それまでにこの基本をしっかり練習し身に付けて頂きたいと思っています。

先行して自分の生徒さん達にも見ていただき感想を頂きましたので、

御購入をお考えの方々の参考になればと思い掲載しておきます。 
⇒感想


ちなみに価格は自分の個人レッスンでは30分5,000円で行っており、

DVD約60分で10,000円が妥当だとは思いますが、より多くの方にゴルフスイングの

理解を深めて頂きたいという思いから、初回特別価格
3,980円で御提供させて頂きます。

(生徒さんにはとても申し訳ないですが・・・)

では、DVDでお会いできるのを楽しみにしております。


                近藤 多一


1/2page << 2/2page >> 購入 >> 感想


当サイトへはリンクフリーですが、リンクする際にはメールでご一報下さい。

Copyright (C) 2007 tk562salon All rights reserved.